スポンサード リンク

最強の話速変換機・デジヴォ

速聴を勉強するうえで、一番の障害になるのは「教材がない」ということです。

自分で教材を作ろうにも、速度を倍にして再生すると、1オクターブあがってしまって変な音になってしまいます。

かといって、出回っている教材を入手しても、自分の趣味に合うものは多くないのが実情でしょう。私もかつて、速聴の勉強をしようと思って、CDを入手したら、その中身は「勝利への道」とかいう怪しげな宗教のような内容でした(^^)。


ところが、技術進歩のおかげで、再生速度を速くしても音程・音質が変わらずに再生できるような機械が発売されました。

これさえあれば、自分の好きな教材を好きなだけ聴くことができますね。


4.0倍速から0.3倍速まで変化させられるので、単なる速聴の訓練だけでなく、英語の聞き取りや、楽器の耳コピまで幅広く対応できます。

最強の話速変換機・デジヴォ 最強の話速変換機・デジヴォ 【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

速読入門トレーニングソフト

速読術の教材は普通、どれもこれも数万円程度と値段が張ります。

このページで紹介しているものも例外ではありません。

でも、そこまでは、出す勇気がない、という方のために、廉価な入門パッケージができました。


気軽にジョイント式速読法を始めてみてください。

まずは、実際に体験し、効果を体感してください。

訓練は簡単、コースを選んであとはコンピュータの画面を見ているだけです。訓練の前と後で書類を読んで速度を計ると、処理効率のアップが実感できるはずです。

処理能力アップのためには、速いスピードの文字に目をならさせることです。


本部教室で3回受講できるスクーリング券がセットになっています。

速読入門トレーニングソフト 速読入門トレーニングソフト【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術+学習するときの音楽 あなたは実際に一歩を踏み出しますか?

速読をいったん身につけてしまうと、かなり便利です。

とくに、短期間のインプット量が物をいう試験勉強にはかなり有効です。

講義を受講する前にテキストにざっと目を通して予習をする、講義を受け終わった後に、再度テキストに目を通して復習をする・・、これは受験勉強をするにあたっては、常識のように言われますが、みなさんは実践できていますか?

速読を身につけると、この予習・復習にかける時間は確実に短縮できます。

残念ながら、速読術というと、うさんくさい響きがあるせいか、手を出さないで終わってしまう方が多いようです。

でも、実際に手を出すか出さないかが勝負です。

自分のものになれば、本当に役に立ちますよ。


今回紹介する商品は、速読術を覚えるための商品+学習するときの音楽です。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • 学習するときの音楽

ハイパー速読術+学習するときの音楽 ハイパー速読術+Music for learning 学習するときの音楽【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

元祖 速脳速聴術−聴覚刺激で能力アップ

今日、NHKで視覚障害者向けに、2倍速・3倍速で音声読み上げをするソフトというのが開発された、というニュースが報道されていました。

視覚障害者にとっては、情報をインプットする方法が聴覚からしかないため、これにより、情報をインプットする速度が何倍にもできる、といって喜ばれたそうです。


さて、目が見える人にとっては、情報の大部分を目から入れるので、速聴の活躍の場はあまりないように見えます。

でも、速聴には意外な効果があります。

それは、脳を刺激して、記憶力・集中力がアップすることです。

速脳速聴トレーニングが脳の知的機能の活性化を促進して、聴力に刺激を与えることで脳の知的機能の活発化が急速に起こり「聴く」「話す」力がグーンとあがります。

お子さまからご高齢の方まで、多目的に対応できるし、聴くだけで頭がよくなる速脳速聴術なら年齢に関係なく、だれでも取り組め、脳の老化も防げます。

20年以上にわたる研究と実績・速聴術の決定版。

語学学習や受験・資格試験の勉強に、サラリーマンの自己啓発・情報収集にだんぜん役立つその効果を体験しませんか?

元祖 速脳速聴術
元祖 速脳速聴術【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術 インプット量が増えるとひらめきが得られる

速読術を身につけると、他の人とはインプット速度が比べものにならないくらい多くなります。

前回も書いたとおり、インプット量が多くても、アウトプットできなければ意味はないのですが、実は意識的にアウトプットしないでも、役に立ってしまうことがあります。

それは、一瞬のひらめきです。


ひらめき、というと、無から有が生み出されるような印象を持たれるかもしれませんが、実はそうではありません。

ひらめきとは、自分が知っている一見つながっていないものを組み合わせることによって得られるのです。

ひらめくための知識をコップに水を入れるように蓄えていく、、、それはすぐには役にたたないかもしれませんが、コップからあふれるくらいに知識をためた後には、必ずあなたの役に立ちます。

そのために速読術を身につけませんか?

今回紹介する商品は、速読術を覚えるための商品+ひらめきを得る音楽です。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • ひらめきを得る音楽

ハイパー速読術+ひらめきを得る音楽 ハイパー速読術+Music for inspiration 発想を豊かにしひらめきを得る音楽【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術+考える時の音楽 空いた時間をアウトプットに使おう

速読術を身につけたときに注意しなければいけない点があります。

といっても、そんなに難しいことではありません。

注意すべき点とは、「インプットに力をいれすぎない」ということです。


元々、その人ごとにインプットとアウトプットとに割いている時間があったと思います。

でも、速読術をすることで、同じ分量のインプットにかかる時間は劇的に減ります。

普通は、そこで、空いた時間をより多くのことをインプットするのに使うと思います。


でも、ちょっと待ってください。

インプットだけを多くしても、アウトプットしないと意味はないのです。

そこで、空いた時間の半分をインプット、半分をアウトプットに費やしてみてください。

あなたの生き方が変わるきっかけになるかもしれません。

そんな、オーバーなと思われるかもしれませんが、これは、私が日々実際に体験してます。ひょっとしたら、空いた時間全部をアウトプットに費やしてもいいくらいかもしれません。


今回紹介する商品は、速読術を覚えるための商品+考える時の音楽です。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • 考える時の音楽

ハイパー速読術+考える時の音楽 ハイパー速読術+Music for thinking 考える時の音楽【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術+発想力が豊かになる音楽−本全体を視野に入れる

速読術を身につけても、本によっては読書速度があがりずらいものがあります。

個人差はあるのでしょうが、私の場合には、1行の文章が長いものはだめです。


B5版縦書の本だと普通は速くよめるのですが、たまに、上から下までびっしりと文字がうまっているような本があります。そのような本だと、読書スピードは、がくんと落ちます。

速読をすると、1行(もっと習熟してくると1ページ)を一目で読めるようになるのですが、やはり、その広さには限界があります。

私の場合には、B5版の上から下までびっしりと書かれていると、一目ではおさまらないので、読書スピードが遅くなってしまうようです。


一方で、新聞等、一行の幅が非常に少ない書籍の場合には、かなり速くよめます。

みなさんも、そんな世界を体験してみませんか?

一回体験すると、やみつきになりますよ(^^)。


今回紹介する商品は、速読術を覚えるための商品+発想力を豊かにする音楽です。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • 発想力を豊かにする音楽

発想力を豊かにする音楽ということで、ヴァイタリティを持続するために、高い周波数の含まれたアップビートの曲を中心に17曲が収録しています。そのうち12曲がオリジナル曲で、ところどころにテンポの違う曲を配置することで効果を高めています。

独特のノウハウが詰まったクラシックアップビートの音楽を聞き流すことによって創造力、発想力の力を高めます。

ハイパー速読術+発想力が豊かになる音楽 ハイパー速読術+Music for productivity 発想力が豊かになる音楽【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術+ストレスを和らげる音楽−文章が目に入るのと理解するのは違う

前回も書きましたが、速読を覚えても、必ずしも全ての本を速く読めるようになるわけではありません。

本を読んで理解するプロセスを考えると、以下の2つにわかれます。

  • 文章が目に入ってくる
  • 頭で理解する

普通の人が普通の文章を読む場合「頭で理解するスピード」のほうが「文章が目に入るスピード」よりも速いです。

例えば、文章を読むときに「音読」をする人も多いと思うのですが、そうすると、絶対に理解スピードよりも文章を読むスピードのほうが遅くなります。

そういう方が、速読術をマスターすると、少なくとも「頭で理解するスピード」の限界速度で本を読めるようになります。


ここまでくると、「頭で理解するスピード」に応じて、本を読む速度が決まってきます。

自分が、知っている内容の本ならば、ものすごく速くよめますし、そうでないならば、読書速度は遅くなります。


また、他に気になることがあって、気が散っていたりすると、本を読んでいても全然頭に入ってこない・・、そんなことはないでしょうか?

これも、速読術の範囲外です。

こういう状態に陥ると、いくら速読を身につけたところで、読書スピードはあがりません。

文字が目には入ってくるのですが、頭に残らない、という状態になってしまいます。


今回の商品は、速読術+ストレスを解消するための音楽がセットになっています。

このような、速読術だけではカバーしきれない部分のフォローもできます。

(下記リンクから試用版を見てみることができますので、ぜひお試しください。)

速読術を覚えるための商品+ストレスを解消する為の音楽の商品構成は下記のようになっています。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • ストレスを解消する為の音楽

ハイパー速読術+ストレスを和らげる音楽 ハイパー速読術+Music to de-stress ストレスを和らげる音楽【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

頭がよくなる速読術−左脳から右脳へ

ここで、速読を、理論的にきってみましょう。

普通、読書をするときには、言語を司る左脳でが働きます。

左脳は直列思考で、文章を読むときにも、普通は1文字ずつ直列的に読むことになります。

ところが、実は文章を右脳で読む、ということも可能なのです。

ただ、右脳は主に絵や図などの認識にすぐれています。そのため、右脳を用いて文章を読む場合には、実は文章としては認識されないのです。

右脳で文章を認識する場合、文を読むというより、図形を焼き付ける、というイメージになります。

でも、これにより、左脳で認識するのとは、比べものにならないくらい文章を速く読むことができるのです。


このような背景があるので、速読術のさわりでは、「読む」よりも「見る」ことに重点を置きます。

まずは、意味がわからなくても、全体を見ることから始めるのです。

ただ、最初は意味がわからなくても、訓練を重ねるにつれ、不思議と意味もわかるようになってきます。

頭がよくなる速読術 頭がよくなる速読術【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術+リラックスしたい時の音楽−速読をすると入力情報量が増えて疲れる!?

速読のトレーニングをすると、今までよりも短時間で大量の情報が入力されてきます。

すぐに慣れてしまうのですが、最初のうちは、1日の時間が伸びたような感覚に陥ります。

これはこれで、実は、ものすごく疲れてしまいます。


ぜいたくな悩みですが(^^)、これは事実です。


こんな悩みを抱えたい方は、ぜひ、速読を身につけてください。


今回の商品を買うと、心身をリラックスさせるための優雅な音響空間を創造するCDがセットでついてきます。疲れた体を癒してください(^^)。


速読術を覚えるための商品+リラックスするための音楽の商品構成は下記のようになっています。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • リラックスしたい時の音楽

なお、この商品を買うと、買っただけで終わりではなく、Eメール・電話・質問券を使った質問など各種方法で質問ができます。

学習教材をかって一人だけでやるのは不安なものです。アフターケアが充実していると、とても安心できます。

また、スクーリング券も同梱されており、実際に授業を受けることもできます。

さらに、読書スピードをはかるためのストップウォッチ、眼筋測定表も同梱されていますので、自分の成長を日々実感できます。

ハイパー速読術+リラックスしたい時の音楽 ハイパー速読術+Music for relax リラックスしたい時の音楽【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術+Music for motivation モチベーションを向上する音楽 −毎朝のトレーニングのすすめ

速読のトレーニングをしても、時々投げ出したくなることが出てきます。

個人的には、一回投げ出して、またやりたくなったらやればいい(^^)、とも思うのですが、やはり、ある程度、無理無理にでもモチベーションをあげて継続しなければいけないのも事実です。

そこで、おすすめはトレーニングを習慣化してしまうことです。特に、仕事が始まる前に毎日継続的にトレーニングをするのは非常に効果的です。

速読に限らないのですが、朝だと、時間も限られているので、より集中でき、いい結果を生むことが多いです。


ところで、今回、紹介する速読教材には、普通のものに加え、心にエネルギーを蓄えるためのCDがセットでついてきます。

アップビートで明るく爽やかなモーツァルトの嬉遊曲が選ばれています。朝起きて、速読のトレーニングをしよう、とは思ったものの、まだなんとなく身体にエンジンがかからないときに使ってみてください。



速読術を覚えるための商品+モチベーションを高めるCDの商品構成は下記のようになっています。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • Music for motivationモチベーションを高める為の音楽

ハイパー速読術+Music for motivation モチベーションを向上する音楽 ハイパー速読術+Music for motivation モチベーションを向上する音楽【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

ハイパー速読術+Music for concentration 集中することが大事

速読を身につけて思うのですが、単純に読むスピードが上がるわけではありません。

速読の不思議なところなのですが、気分によって読むスピードが大きくぶれるようになりました。

集中できないときは、速読を覚える前と、ほとんど変わらないスピードの時もあるのですが、一旦集中できると、めちゃくちゃ速く読めるようになります。


今回、紹介するのは、速読術を覚えるための商品+集中力を高めるCDをセットにした商品です。

商品構成

  • 速読トレーニング用ソフト(CD版とフロッピー版)
  • 速脳速読のすすめ(マンガ)
  • トレーニングの解説書
  • 訓練記録用紙
  • ユーザー登録カード
  • インストール方法説明書
  • 質問券…自宅で生じた疑問や質問を解決するためのもの。
  • スクーリング券←これはいいですよ。
  • ストップウォッチ
  • 眼筋測定表(アイマッスルチェック)
  • 7分間オートトレーニングCD
  • ネット訓練教材(ネットワークでパスワードを入力して使用できます)
  • Music for concentration 集中するための音楽

ハイパー速読術+Music for concentration 集中するための音楽 ハイパー速読術+Music for concentration 集中するための音楽 【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

速読術・脳力開発eLearningパック−文字が浮き上がる体験をしませんか?

速読術を身につける過程で私は、不思議な体験をしました。

本に書いてある文字が浮き上がってくる感覚があるんですね。

確かに、速読術の教科書を見ると、「文字が浮き上がってくるように見える」とは、書いてあったのですが、実際にその現象がおきると、驚きます。


ところで、速読術の修得は簡単ではありません。

本当に速読術を修得してしまうまでに、何度も停滞感を体験することになります。

そして停滞しているときに「どこがいけないのか」「どうしたらいいのか」をアドバイスしてくれる人がいるかどうかが、停滞期を突破出来るかどうかの大きなカギになります。

その点、SRR速読ラボ・メンバーフォーラムに入会できる、この商品ならば、仲間とともに、困難を乗り越えていきます。


セットに含まれている商品

  • 速読術トレーニング支援ソフト「速読術パーフェクトマスター」
  • SRR速読ラボ特製トレーニングガイド
  • 脳力開発ソフト「速耳マスター2」
  • 音声版メルマガ「営業マンは断ることを覚えなさい」オプションCD-ROM
  • 音声版メルマガCD-ROM「縦横無尽の知的冒険」および「がんばれ社長!今日のポイント」
  • 文学作品集CD-ROM
  • SRR速読ラボ・メンバーフォーラム入会(1年間)

なお、この商品には体験版があります。

速読術・脳力開発eLearningパック【SRR速読教室】 速読術・脳力開発eLearningパック【SRR速読教室】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

速耳マスター+人気メルマガ音声版CD-ROM+文学作品朗読集CD-ROM 速聴を知った意外なきっかけ

世の中には、速聴という能力開発プログラムがあります。

私が、その世界を初めて体験をしたのは、全くの偶然でした。


その当時、私は、手に職を付けようと思い、会社の合間をぬって、某T○Cという会社の資格講座に通っていました。

その講座はVTRに録画した授業を見る、というコースで、学校の受付にいくとビデオのリモコンとビデオテープをくれるんですね。

で、最初は、普通に見ていたのですが、ある日リモコンをみると、見慣れないボタンがあります。

それは、、、「2倍速再生」でした。


2倍速でビデオを見る事ができたら、時間は当然半分になります。

これってすごくないですか?


試しに2倍速で見てみると、これが意外にきちんと理解できます。

ということで、それ以降は、常に2倍速で見ることになったのはいうまでもありません。でも、この技の欠点も理解してください。欠点とは、講師の方の本当の声がわからなくなること(^^)。本人に会うと違和感があるかもしれません。


そんなこんなで、速聴と出会った私は、さらなる飛躍を求めるべく、速聴CDを購入してみました。

4倍速くらいになると、もう聴いていても何を話しているのか、さっぱりわからないのですが(^^)、不思議と頭が熱くなってきます。

これは、後で知ったのですが、頭が速い話し声についていこうとして、猛烈な勢いで働いている証拠のようです。

集中して聴くだけで、脳の訓練になる、、、不思議な世界です。

詳細はこちら→速耳マスター+人気メルマガ音声版CD-ROM+文学作品朗読集CD-ROM【SRR速読教室】
速耳マスター+人気メルマガ音声版CD-ROM+文学作品朗読集CD-ROM【SRR速読教室】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

元祖ジョイント式速読術−速読を始めるきっかけ

あなたは、ふだん、どんなふうに本を読んでいますか?

例えば、縦書きの本を読む場合、視線をどう動かしますか?

きっと、右上から下に、1行左に移って、さらに上から下に、、、と視線を動かしていきますよね?


でも、私が本を読む時は、B5判くらいのサイズの本ならば、右から左にすーっと視線を動かすだけで、本を読めてしまいます。

嘘だろ?とお思いになるかもしれませんが、これは本当です。

飛ばし読みか?と思われた方、、、、残念でした。私には、全ての文字が目に入っています。


これは、実は、速読を勉強したおかげなんですね。


私が、速読を勉強したきっかけはというと、実はテレビです。

数年前に、某テレビ局N○Kで、ある若手芸人に速読を1週間特訓したら、どうなるか?というのを実験する企画がありました。

私も、興味があったので、じーっと見ていたのですが、芸能人のオーラも発していない(失礼?)ただの人が、1週間後には、文庫本を1秒に1ページのペースでめくるまでに、成長していたのです。


これは、すごい!!ということで、私も速読を始めて見たら、3日で効果がでました。

詳細はこちら→元祖ジョイント式速読術【新日本速読研究会】
元祖ジョイント式速読術【新日本速読研究会】

posted by 武田 真 | 速読・速聴

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。